更年期障害の症状を軽くするためのお役立ちサイトです。更年期の症状や乗り切る方法を理解することで改善策が生まれますよ。
ホームボタン

更年期障害の基礎知識

更年期障害とは、女性特有の病気と言われています。 そもそも更年期とは妊娠可能な時期から不可能な時期に移行する期間をさし、 一般的には40歳代後半から50歳代後半と言われてますが、個人差があります。


 更年期では卵巣ホルモンの分泌状態が成熟期から老年期、いわゆる閉経期へと変わる時期のため、 月経の異常が起こりやすくなると同時に、身体的、精神的な違和感があらわれやすくなります。 これを更年期障害と呼んでいるのです。

 こうした更年期障害の原因は、加齢によって女性ホルモン、 特にエストロゲンが低下していくことと一般に言われています。
 しかし、それだけではなく様々な要因があるとも言われていて、 ストレスなどの心理的要因や、子どもの自立や夫婦関係などの環境的要因も、 更年期障害の引き金になっています。


 更年期障害は自律神経失調症と深いかかわりがあり、 更年期に卵巣機能の内分泌系に異常が起こることで、 自律神経系にも異常が起こり、それぞれの支配下にある臓器の働きが悪くなることで、 更年期には自律神経の失調も起こるといわれています。

 更年期サプリメントは、つらいこともなく済んでしまう人もいれば、日常生活に支障をきたすほどの人もいて、 その症状の現れ方や感じ方は非常に個人差があります。  具体的な症状の例を挙げると、まず泌尿生殖器の異常として、月経異常、外陰や膣の乾燥感やかゆみ、 頻尿や残尿などの尿のトラブルがあげられます。
 血管神経系での症状では、のぼせたりほてったり、冷えや動悸などがあります。  また精神、神経系ではめまいや頭痛、不眠、耳鳴り、憂鬱、イライラ感があります。  そのほか、腰痛や肩こり、皮膚のかさつき、かゆみなどの症状があります。  そしてこうした症状のほかにも、更年期では女性ホルモンのエストロゲンの減少により、 コレステロールがたまりやすくなるため、高脂血症になったり骨粗しょう症になったりする症状が出るのです。

 更年期障害の治療ですが、それぞれの症状によって治療することで、体調は良くなります。 更年期障害は卵巣機能の衰えがきっかけでおこる病気なので、ホルモン補充療法や漢方療法があげられます。 ホルモン補充療法では、不足したエストロゲンを飲み薬や注射などで補います。
この療法ではのぼせや動悸、自律神経失調症に効果があり、また骨粗しょう症にも効くとされます。  一方漢方療法は体のバランスを整え、更年期に見られる不定愁訴に効果があります。  ただしいずれの治療法も副作用がありますので、医師との相談のもと治療方法を選択することが大切です。

更年期障害チェック!気になる症状とは?

通常は40代頃から悩みを感じるようになる「更年期障害」ですが、実は最近では20代〜30代の内からこの更年期障害に悩んでいる人もいます。「若年性更年期障害」と呼ばれており、まさか自分が更年期障害だと思わないため少々厄介です。自分が更年期障害だと知らなければ対策のしようがありませんよね。 なんだか体が不調だなと感じたら更年期障害チェックをしましょう。体にむくみが出るようになる人も多いです。むくみサプリメントでチェック!これからご紹介する症状に当てはまるものが多ければ、あなたは更年期障害の可能性があります。 では更年期障害の症状をご紹介しますのでご覧ください。

更年期障害になると体の不調と精神的な不調の二種類が起こります。 体の不調で言えば眩暈を感じたり、無性に顔がほてったり、のぼせ上ったり、汗を大量に掻いたり、動悸が早くなったりします。まただるさややる気のなさに悩まされて仕事に支障が出ることもあります。体重が急に増えたり、逆に痩せたりするのも更年期障害の症状であり、何もしていないのに体重の増減がある人はこの可能性があります。


腰痛や頭痛に手足のしびれや筋肉痛や関節痛や肩こりなどの体の不調や、食欲不振で吐き気を催したり、急に腹痛を起こして体調を崩すのもこの症状にあてはまります。異様に疲れやすいことにお悩みならこれも更年期障害の疑いがあるでしょう。 そして精神的な不調で言えば一番に紹介したいのは「イライラ」です。
普段はこんなにイライラしないというところで、急にイライラしたり、思わずカッとなってしまうのは確実に更年期障害の影響です。周りの人に急に怒りっぽくなったり情緒不安定になったと言われたら、更年期障害を疑った方がいいでしょう。 また同様になんだか急に不安感を感じたり、神経質になってしまうのも更年期障害の症状です。 急に内向的になってきたなと感じるとそれは更年期が原因なのかもしれません。

これにより鬱の症状を発症してしまったり、不眠症に悩まされるようになったりすることもあるので大変怖いです。この場合はすぐに病院に行くことをお勧めします。 このように更年期障害になると様々な症状が起こります。 人によりその重さはマチマチなので症状が比較的軽い人いれば、症状が重くて大きな問題を抱えてしまう人もいます。あなたの不調は更年期障害が原因ではありませんか。紹介した症状とあなたの症状を見比べてみましょう。当てはまることが多ければ更年期障害を疑ってください。そして更年期障害を治すための対策を早速行いましょう。原因が分かれば更年期対策が実施できるので、安心して治療に当たれます。
Copyright (C) 2014 更年期障害の症状と基礎知識 All Rights Reserved.