更年期障害の症状を軽くするためのお役立ちサイトです。更年期の症状や乗り切る方法を理解することで改善策が生まれますよ。
ホームボタン
誰にでもある更年期障害の症状

誰にでもある更年期障害の症状

 自分では勝手に「私は更年期障害なんて、無いだろう」と決めつけていました。 根拠はなかったのですが、自分の母親が常々「更年期なんて気が付かない間に終わっていたわ」と言っていたので、多分自分もそんなものだろうと 思い込んでいたのです。

 ある日、ふと気が付くと汗が顔や身体から噴き出していて。 おや、おかしいな、さほど暑くはないのに、と不思議に思いましたが、その時は「年のせいだろう」としか思いませんでした。 もっとも、年のせいというのは正しい認識なのですが。
そうこうするうちに、今度は頭がボーっとして、 身体に力が無いらないというか、おかしな感覚に襲われることが何度か出てきました。もともと偏頭痛持ちだったため、 これはその一種なのか、とも考えましたが、痛みは全く感じません。しかし、特に重大な病気の予感もなかったので、 お医者さんにかかることはありませんでした。ただ、とても不快な症状だったことは確かです。

 そんな話を友達にしていた時、突然「更年期じゃない」と言われ、唖然としました。「いや、それとは違う、単にボーっとしたり汗をかいたり」 「だから、それを更年期障害って言うのよ」あきれるような目で見る友達。「なんだ、そうだったのか」と気が付いてからは、 それらの不快な症状に対していくらか寛容な気持ちになれました。
 今はそうした症状はすっかり楽になりましたが、程度の差や内容の違いはあっても誰もが通る道なんだな、と改めて感じています。
Copyright (C) 2014 更年期障害の症状と基礎知識 All Rights Reserved.