更年期障害の症状を軽くするためのお役立ちサイトです。更年期の症状や乗り切る方法を理解することで改善策が生まれますよ。
ホームボタン
男性の更年期障害について思うこと。

男性の更年期障害について思うこと。

今年で55歳になる男性です。仕事では一日中パソコンを使用するような仕事をしています。 更年期障害については女性特有の症状で男性についてはあまり話題になることは有りませんでしたが、最近になってやっと男性の更年期障害についてもテレビや雑誌等で取り上げられるようになりました。

私も50歳を過ぎた頃から、自分の身体の異変を感じるようになりました。何だか以前に比べると”疲れやすい”、”疲れがなかなか取れない”、”全体的に身体がだるい”、パソコンに向かっていると”眼が異様に疲れる”、”視点がぼやける”、”性欲の減退や”勃起力が持続しない”などの一般的な症状はもちろんのこと、汗の調節がきかなくなり、食事をしているとやたら汗をかくようになりました。(汗をかく症状は今は治まっています。)又、体温の調節が効かなくなり、暖かい時期なるとやたら暑がりになってクーラーを掛けて家内からは怒られていました。 その時はまさか何でそのような症状がでるのか全く訳が解らず、ただ年のせいだと考えていましたが、今になって考えてみると、男性特有の更年期障害の症状だったのではないかと思います。 現在私は現在55歳となりました。依然として疲れやすいのは変わりませんが、最近は変に汗をかいたりすることはなくなってきました。一定の年を過ぎて、出てくる症状が鈍くなってきたようです。

男性の更年期障害については、まだ女性の更年期障害に比べるとだいぶ認知度は低いですが、上記のような症状がでた場合は、早めに病院等で受診するのが、改善への近道だと思います。 自分ひとりで考えて症状がひどくなるよりも、まずは病院の医師に相談することをオススメします。
Copyright (C) 2014 更年期障害の症状と基礎知識 All Rights Reserved.