更年期障害の症状を軽くするためのお役立ちサイトです。更年期の症状や乗り切る方法を理解することで改善策が生まれますよ。
ホームボタン
大豆食品を摂取しても更年期障害が改善できない方について

大豆食品を摂取しても更年期障害が改善できない方について

更年期障害は女性ホルモンのエストロゲンが減少することによって更年期に現れる不調な症状なので、その原因となる女性ホルモンのエストロゲンに似た作用をする栄養素を代わりに補えば症状を改善できるのではないのかということで、昔からいろいろと研究されてきました。 日本では昔から大豆を使った料理を多く摂取してきましたが、大豆に含まれている大豆イソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンに似た作用があるということで、更年期障害には大豆食品を意識的に摂取した方がいいということをご存知の方も多いと思います。

ですが、その効果は人によって異なるため、大豆食品を摂取しても不調な症状がなかなか改善できなくてお困りの方も多いということもご存知でしょうか。 人間は普段の食事からさまざまな栄養素を摂取していますが、その栄養素を体内できちんと吸収できなければ何の意味もありません。

実は、大豆食品を摂取しても私たちの腸内にエクオール産生菌という腸内細菌がないと、大豆イソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンに似た作用をすることなく、ただたんぱく質を摂取しただけで体外に排出されることになるのです。 そして、成人になってからの腸内環境は乳幼児期の腸内環境と深く関わりがあるということなので、もし、大豆食品で更年期障害がなかなか改善できない方は、まず、腸内環境を見直すことが必要になるようです。
Copyright (C) 2014 更年期障害の症状と基礎知識 All Rights Reserved.