更年期障害の症状を軽くするためのお役立ちサイトです。更年期の症状や乗り切る方法を理解することで改善策が生まれますよ。
ホームボタン
更年期障害の目眩

更年期障害の目眩

月経が不規則になり、二カ月、三ヶ月おきに空くようになりました。それと同時に頭が重く感じる日が多くなり、朝はベッドからなかなか起き上がることができなくなってきました。
また、起き上がると目眩がするようになり、家事がなかなか思うようにできなくなりました。身体が重く感じるため、なかなか出歩く回数も減り、運動不足にも陥りました。 なんとか改善する方法がないかと婦人科を受診しました。閉経に近づいているため子宮筋腫は小さくなり、貧血の数値も改善されていましたが、コレステロールの値が上がっていたため食事に気をつけるように指導されました。 また、更年期の症状をやわらげるため、漢方の専門外来も受けました。

漢方の専門外来は、待ち時間が長く受診するのも大変でしたがまず最初に加味逍遥散を処方してもらいました。 加味逍遥散は飲むとイライラが少し収まり、夜の入眠もスムーズになりました。 次に受診すると、また別の四逆散も処方されました。

血の巡りを良くして冷えが取れる漢方とのことで、手足の冷えが少し緩和されました。 私は胃下垂なので、胃腸を温める生姜の漢方を足してもらい、胃のあたりも温まることにより、随分目眩の症状が緩和されました。
Copyright (C) 2014 更年期障害の症状と基礎知識 All Rights Reserved.